うつに最適な薬物療法【デリケートな問題もあるから医師に相談】

男性

精神状態を安定させる

ナース

うつ病は今や現代の精神病として珍しいものではありません。会社の中で仕事のプレッシャーや人間関係によって精神的にまいってしまい不安定となって職場に出てこれなくなる人も少なくありません。うつ病となる人は急になるのではなく前兆があります。周りの人は少しでも異変に気付いた時には気にかけてあげる必要があります。1度うつ病になって精神的にまいってしまうとなかなか職場復帰できなくなります。うつ病の前兆とは精神的に不安定であり集中力がなかったり食欲がなかったり、周りの人とコミュニケーションをとることが億劫になっている状態をいいます。うつ病となった場合には病院でのカウンセリングと合わせて薬を服用する必要があります。この薬にはいくつか種類がありますが、どれも精神を安定させる効果のあるものです。薬の服用をやめても精神が安定していれば職場復帰も可能となります。薬をやめられないうちは、再び職場に出向いてプレッシャーなど嫌なことがある場合にはまた精神的に落ち込んでしまうことになります。

うつ病になる人にはある程度の傾向があります。それは責任感が強い人や思いつめる人がおよそその傾向となります。良い意味で息抜きができればいやなことも忘れてストレスを発散できますが、思いつめると夜も眠れなかったりして精神的に追い詰められてしまいます。真面目な人ほど自分の趣味に没頭したりと息抜きを見つけて、休みの日は仕事のことを考えないようにすることが大事です。特に汗を流すスポーツであれば体の中からストレスを発散することができるのでお勧めです。普段の生活でもうつにならないための心掛けができます。仕事の合間に軽いストレッチをしたり、緑のある自然の中を散歩したり深く深呼吸することも精神を安定させる効果が期待できます。うつ病から復帰した人への接し方にも最新の注意が必要です。くれぐれもがんばれといった言葉をかけてはいけません。がんばった末に精神的にまいってしまったので、その言葉は人を追い込むことになります。なのでたわいもない世間話をしたりして今までと変わらない接し方をすることが大事です。