うつに最適な薬物療法【デリケートな問題もあるから医師に相談】

男性

脳内環境を調整するには

依存症は心配いりません

医療器具

うつの治療は、薬物やカウンセリングといった方法が主に採られます。治療で用いる薬の目的は、一言でいえば脳内環境の調整です。この脳内環境の調整とは、うつを起こす原因と考えられている、脳の神経伝達系に働きかけるということで、構造や作用によって三環系、四環系、SSRI、SNRIそしてNaSSAの5種類に分けられます。このうち三環系や四環系は開発が比較的古く、NaSSAが一番新しく開発された薬となります。開発された年代が新しいほど効果があり、副作用も少なくなりますが、それぞれの相性がありますので、必ずしも開発年代が新しいから万人向けであるとはいえません。またうつの薬には、依存症的副作用があるとよくいわれますが、医師や薬剤師から決められた量を服用している限り、依存症的な症状はそう起こりません。ただやはり副作用はみられることがあります。たとえば便秘であるとか口が渇く、胃腸の具合がおかしくなるなどの障害がありますし、頭痛がしたり眠気が頻繁に起こることもあります。無論これも個人レベルで異なってきます。

服用時の自己判断は禁物

それから、うつの薬を服用する際に気を付けておきたい点もいくつかあります。まず、効果が現れるまでに時間がかかるという点に注意してください。大抵の場合1週間から2週間ほどかかりますので、すぐ効果が出ないと焦らずに、しばらく様子を見るようにしましょう。それから症状が消えても、しばらくは薬を服用するようにしてください。短期間ではまだ脳内環境の調整が十分ではないので、再びうつの症状が出るおそれがあります。また、自分で勝手に薬を増量したり、あるいはやめたりということはくれぐれも避けるようにしてください。うつが再発しやすくなります。薬を飲みたくなくなった時も自分で勝手に判断せず、必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。もし副作用がひどいと場合も、必ず相談するようにしてください。特に増量した場合は、わけもなく不安や焦燥感にかられるということもあります。また、物事に対してつい衝動的な態度を取りがちになりますので、その点からも自分で勝手に服用量を増減しないようにしましょう。