うつに最適な薬物療法【デリケートな問題もあるから医師に相談】

男性

心の病気を理解しよう

そのメカニズムと治療

面談

最近体が疲れやすい、何事にも意欲がわかない、眠りたいのに眠れないなどの症状があらわれたらそれはうつ病の前兆かもしれません。うつはストレスや過労、食生活の乱れ、または体質にも関係してきます。そのままにしておくと重症にもなりかねない心の病なのです。脳にはセロトニン、アドレナリンといった神経に作用する物質があります。これが十分にあると人は幸せな気分になり何事にも意欲がわいてきます。また、反対に少なくなると気分は落ち込み全てに対して消極的になってしますのです。ひどくなると自殺までしかねないほどの事態に陥ります。その必要な物質のセロトニンが不足することによりうつ病が発症するのです。セロトニンが不足するのには様々な原因が考えられます。その時のまわりの環境や体調の変化によるストレスなどいろいろなものが考えられますが、あまりはっきりとした原因はわからないのが現状です。うつは十分な休息をとり。心と体を休ませることが一番大切な治療法です。そして、抗うつ薬で徐々に治療していきます。

その効果と副作用

うつに使う薬は、脳内で少なくなったセロトニンを主体とした抗うつ薬です。心の病気に薬を使うのは抵抗を感じる人も少なくありません。しかし、これは脳内で減少した物質を補うためのもので必要なことなのです。抗うつ薬は、とにかく気長に飲み続けることが必要です。効き目があらわれるのも遅く1〜2週間ぐらいかかります。また、症状が治まったとしてもいつ再発するかわからない病気なので飲み続けることが必要になってくるのです。最初は半年を目安に投薬は始まります。このように、とにかく根気が要る治療なのです。この薬はまた、副作用も出る場合があるので注意しなければなりません。頭痛や胃腸障害、便秘などの症状が出てくることがあります。薬があわなければ医師と相談して別の処方をしてもらうことが可能です。うつに必要なのは十分な休息ですが薬の治療も大切です。自分に合った薬を選んで、気長に治療していくことが必要です。自己判断で治ったなどと思って薬をやめるのは危険です。必ず医師の判断を仰ぎましょう。