うつに最適な薬物療法【デリケートな問題もあるから医師に相談】

男性

医師との連携が最重要

飲み始めの変化に注意

女性

抗うつ薬の種類はさまざまなものがありますが、共通点は、病気への効果は、ゆっくりと次第に現れてくる特徴があります。また、飲み始めの時期は副作用が出てしまうことが多くあります。初期段階では、からだを慣らす期間で、むしろ副作用が大きく、うつへの効果が少ないことも多くあります。うつ病に対する効果が現れるのは個人差がありますが、1週間から2週間後というのが一般的です。その前段階で副作用には注意が必要です。主な副作用は口が渇く、便秘や排尿障害、眠気、胃腸障害、頭痛などです。はじめのうちは、不安感や焦燥感を感じることもあるでしょう。うつ病の患者さんの特徴は、不安感を抱いたり、ものごとを否定的に考える傾向が強いと思われますので、この初期の段階で薬や治療を否定してしまうケースもあります。こうした場合は、うつ症状が悪化するケースが多くなってしまいますので、ご家族のサポートがどうしても必須になります。薬の投与の初期段階では特に、ご家族も同伴のうえ、医師への相談を行いながら、乗り越えることが大変重要になってきます。

くすりの種類

抗うつ薬の種類を挙げておきます。歴史のある順番から、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAとなります。うつ病の方の傾向は、脳内のセロトニン、ノルアドレナリンが少ないというのが定説です。セロトニンは幸せな気分にしてくれる脳内物質とお考え下さい。ノルアドレナリンは怒りや興奮を感じた時に発生するホルモンとなります。これらを脳内に補充するのが薬の役割です。一般的には、比較的新しい薬であるNaSSAや、SNRI、SSRIは副作用が少ないと言われていますが、効果の面では個人差があり、三環系や四環系が合うという方も少なくありません。また三環系や、四環系は薬価が安く、経済的負担が軽く済むメリットもあります。処方された薬の副作用が大きい場合、体に合わない場合は、医師への相談を必ず行いましょう。初期段階を乗り越えれば、一つ山は超えたことになりますが、治療中期〜後期の注意点として、薬効が出てうつ状態が収まった場合でも、安易に薬を止めないことが挙げられます。薬を急に止めた状態に、体が反応できず、症状が悪化する「離脱症状」が起こる可能性があります。医師の指示があるまでは、継続して薬を利用してください。うつ病の治療には、医師との密な連携が大変重要です。ご家族のサポートも加われば、大変心強いでしょう。