うつに最適な薬物療法【デリケートな問題もあるから医師に相談】

女性

辛い症状を楽にするために

診察

治療の中心になるもの

うつ病の治療は、抗うつ剤を中心に行われます。抗うつ剤としては、選択的セレトニン再取り込み阻害薬、通称SSRIと呼ばれるものや、セレトニン・ノルアドレナリン再取り込み薬、通称SNRIに属する薬がすっかりポピュラーになりました。しかし今でも、SSRIやSNRIが合わない患者さんのために、より古い三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤も使われています。うつ病はセロトニンやノルアドレナリンという脳内の神経伝達物質の減少により発生するといわれており、抗うつ剤の基本的な作用は、これらの神経伝達物質がもとの神経伝達物質がもとの神経細胞に再び取り込まれるのを防ぐことで、脳内の神経伝達物質の量を正常に近い状態に戻すことです。抗うつ剤は効き目を現すまで、2週間〜1か月程度の期間を必要とします。したがって、抗うつ剤を処方された場合、すぐに効き目が現れないからといって服用を安易に中止することは勧められません。またいったん服用を開始した場合、特にSSRIの一部には減薬や断薬の際、離脱症状が問題になることもあります。このように抗うつ剤はデリケートな問題を含んでいるため、主治医の指示に従って必要量だけを確実に服用し、安易な自己判断による増薬や断薬を避ける必要があります。

補助的に用いられるもの

うつ病の治療には、抗うつ剤以外の薬も使います、そのもっとも代表的なものが、抗不安剤(精神安定剤)です。抗不安剤は、うつ病のさまざまな症状のうち、特に不安感やイライラ感を対症療法的に軽減する目的で用いられます。服用後1〜2時間で効果があらわれるため、患者にとっては非常にありがたい薬です。一部に依存性がある、という説もありますが、一日の服薬量を守っている限り、問題は特にありません。効果がはっきり現れる薬なので、肉体的にではなく精神的に依存してしまうことに、気をつけることが必要です。ただし抗不安剤はうつ病の根本的治療薬ではなく、抗うつ剤が所期の目的を達したら不要になるはずの薬ですので、原則として、だらだらと長期間服用するべきものでもありません。また、睡眠導入剤(睡眠薬)も、不眠傾向が現れてくる患者が多いため、治療上欠かすことができません。自分の不眠のパターンによって、寝つきが悪い場合は短期型、ぐっすり眠れない場合には中期〜長期型、といったように適した睡眠導入剤を用いて対応することができます。睡眠導入剤も、抗不安剤と同様に、補助的に用いられる薬です。

脳内環境を調整するには

医療器具

うつの治療は薬物とカウンセリングが中心です。薬は何種類かがあり、その人に合った物を処方されますが、服用する場合は必ず医師や薬剤師の指示に従って、自分で勝手に量を増減したり、やめたりすることのないようにしましょう。勝手にやめるとうつが再発することもあります。また副作用もありますので注意が必要です。

医師との連携が最重要

女性

抗うつ薬には様々な種類がありますが、初期段階では、副作用が大きくうつ病への効果は次第に現れることに共通の特徴があります。治療初期を越え、薬の効果が出ても安易にやめないでください。医師との連携を取りながら、指示に従うことが治療の近道になります。

適切な対応が大事です

病室

うつは自殺にも至る甘く見てはいけない病気です。そのため、適切な治療を受ける必要があります。 治療の主流は薬物療法ですが、費用がかかることから自立支援医療を利用するなどの工夫が必要です。また、食事も気をつけることでより薬の効果を上げることが出来ます。

心の病気を理解しよう

面談

うつは心と体を休めるのが一番必要なことですが、薬も重要です。抗うつ薬の効き目は即効性ではなく気長に治療していくことで現れます。副作用などもあるので自分にあった薬を選び、自己判断で飲むのを中止するのは危険です。

精神状態を安定させる

ナース

うつ病は今や現代の精神病の代表であり、1度なってしまうと何度も繰り返したりなかなか職場復帰できないといった状況になります。うつ病の治療法としては病院でのカウンセリングと合わせて薬を服用する必要があります。